スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の口内炎 その2

2011.09.16 17:41|ペット
chichibi03.jpg


9月も中旬だというのに、毎日暑いですね


前回7月4日に我が家の猫チチビの口内炎について書きましたが、ビオフェルミンを飲ませ始めて2か月が過ぎました。


当初は口の中がやはり痛むらしく、ご飯の後に「ギャ、ギャ」と鋭い声で叫び、物陰に隠れてじっとしたまま具合悪そうに口元を動かしていましたが、それでもビオフェルミンを与え始めて3日もすると、効果が出てきて目立った痛がり方をしなくなりました。


食べ物のメニューは無添加煮干し、猫缶、アジ、ささみなど。それらにビオフェルミンを振り掛けてあげています。


今回のチチビの症状の原因は、味付けの濃い乾燥したキャットフード(カリカリ)だと思われます。乾燥キャットフードは、良質なものを与えないと腎臓にも負担がかかります。とくに泌尿器系症候群(FUS)にならないように低マグネシウムのものがよいです。


味の濃いものを食べさせていると、それに慣れて薄味の食品を受け付けなくなるため、その改善がとっても苦労しますね。乾燥キャットフードは人工的に食べやすいように作ってあるので、エサを与える人間側の手間は省いてくれますが、知らずうちにネコちゃんの身体に負担が掛かっているなんてこともあります。口内炎の症状が確認された場合は、ネコちゃんの食生活に気を使ってあげることも大事でしょう。


でも、カリカリを控えるようになってみると、エサの選り好みが激しくて大変ですね。同じものばかり食べていると、すぐに飽きてしまって、チチビの場合は手で床を掘り起こすような動作をしてエサを埋めようとします。まったく手の掛かる我が家の美食家です。


口内炎は進行具合や、年齢によっては治るのに時間が掛かったり、思うように結果が出ない場合もあると思いますが、うちの子のように炎症初期は効果が出るのが早いのかもしれません。動物は自分から体調の悪さを訴え出てくれません。大事な家族の一員なのだから、しっかり体調管理してあげることも飼い主の役目ですよね。


それにしても、思った以上にビオフェルミンは効果があって驚いています。う~ん、もっと早く試していれば良かったですね。これからも油断は禁物なので、しばらく様子を見ながら与え続けます。


それと口内炎に限らず、食生活の向上によって免疫力が上がれば、アレルギーが治ったり、毛艶がよくなったり、思ってもいない効果が出てくるかもしれませんね。


是非、お勧めしたいです。


ビオフェルミンは匂いがないので与えやすいし、副作用もなく安心です☆

 
ひとつビオフェルミンを扱う際の注意点なのですが、粉末状になっていて湿気を吸いやすいです。特に夏場は入れ物に入れて長く置いておくと大きなダマ状に固まってしまいますので、気を付けてください。



コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ヌーノクラブ

Author:ヌーノクラブ
動物大好きな石原です。
特に猫ちゃんが好きです。
ときどき猫の生まれ変わりではないかと思うことがあります。
猫にもいろいろな性格があって面白いですよ!
不定期ですがペットホテルのお預かりの様子など書きます。
2010/3/10

ヌーノクラブ
ケージフリーペットホテル

中野区上高田5-47-3
03-5345-5878
西武新宿線新井薬師前駅北口2分

リンク

最新記事

twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

リスト


検索フォーム

QRコード

QRコード

ブログ・ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。